資料

Pivotal プラクティス: アプリケーション・トランスフォーメーション

「2025年の崖」という言葉に象徴されるように、日本においてもレガシーシステムへの対策は解決すべき課題のひとつです。貴社のレガシーアプリーションは、安全性、回復力、コンプライアンスを維持しながら、期間やコスト、運用上の非効率性を削減していくために、段階的にクラウドネイティブに移行することが可能なのです。
この資料では VMware Pivotal Labs が提唱するアプリケーショントランスフォーメーションの手法について、プロセスと体制についての概要を説明します。

TOP