※再生開始時は、音声をミュートしています。再生画面左下のアイコン(スピーカー)で解除してください。

オンデマンド

【6/10 ウェビナー収録】地方自治体のクラウド利用の多様化と住民情報データの主権のあり方
クラウド バイ デフォルトからクラウドスマートへ

再生時間 80:15
資料の提供はありません

基幹システムに始まり、SaaS 利用、また各原課でそれぞれ作っていくシステムなどを含めて、1 つの地方自治体が持っているシステムを俯瞰的に見ていくと、既に複数のクラウドを利用しているマルチクラウドの状態になっています。
本セッションでは、システムやデータの主権の在り方を踏まえて、どういった観点でクラウドの使い分けを考えていくべきか、またその結果、分かれたクラウドをどのように最適化・統制する必要があるかについて解説しています。
クラウド導入をご検討中の方や課題を整理したい方は、ぜひ、ご視聴ください。

  • ヴイエムウェア株式会社
    公共SE本部
    本部長
    中島 淳之介

カテゴリ

TOP