※再生開始時は、音声をミュートしています。再生画面左下のアイコン(スピーカー)で解除してください。

オンデマンド

5/20 開催 Leading Change: Tech Session 3 DevOps から DevSecOps へ

コンテナアプリケーションを俊敏かつセキュアにリリースする方法

再生時間 28:48

コンテナの登場により、アプリケーションの構築とデリバリーの方法は大きく変わりました。また、DevOps によってコンテナアプリケーションの開発、更新は俊敏に実行できるようになり、これによってビジネスの俊敏性を高めることが可能になりました。一方でアプリケーションのコンテナ化は、セキュリティに対する考え方を大きく変える必要があります。テスト、統合、デプロイと同様にセキュリティもアプリケーションの最下層レベルに組み込み、可能な限り自動化させる必要があるのです。必要なのは開発プロセスからランタイム プラットフォーム運用にまでセキュリティが組み込まれていること、いわばエンドツーエンドのアプローチです。
本セッションでは、様々な観点でのセキュリティを保証しながら Kubernetes で稼働するサービスを俊敏にデプロイする方法を解説します。

  • ヴイエムウェア株式会社
    モダンアプリケーションプラットフォーム事業本部
    シニアソリューションエンジニア
    星野 真知
TOP