VMware
Security
Summit 2022

セキュリティをより簡単に、より迅速に、よりスマートに

Kal De

VMware, Inc

セキュリティ事業部

General Manager

スペシャルゲスト

John Kindervag 氏

ON2IT

ゼロトラストの
コンセプト発案者

2022年531(火)

10:00 - 17:35

赤坂インターシティコンファレンス / オンライン同時開催
すでに EVOLVE ONLINE に登録済みの方は、マイページからお申し込みください。

ゼロトラストを導く国内外のキーパーソンが集結

  • John Kindervag 氏

    ON2IT
    ゼロトラストの
    コンセプト発案者

  • Kal De

    VMware, Inc
    セキュリティ事業部
    General Manager

  • 橋本 賢一郎

    ヴイエムウェア株式会社
    セキュリティ
    エバンジェリスト

  • 井上 大介 氏

    国立研究開発法人
    情報通信研究機構
    サイバーセキュリティ研究所
    サイバーセキュリティネクサス
    ネクサス長

  • 天野 隆 氏

    株式会社東芝
    サイバーセキュリティセンター長

  • 藤井 大翼 氏

    アクセンチュア株式会社
    テクノロジー
    コンサルティング本部
    セキュリティ日本統括
    マネジング・ディレクター

新着情報

Ask the Speaker

セッションに登壇したスピーカーが、みなさまからの質問や相談に直接お答えします。セッションで気になったこと、より詳しく知りたいことなど、お気軽にお立ち寄りください。

※Ask the Speaker を実施しないセッションもあります。

来場いただいた方全員に
VMware ロゴ入り今治タオルプレゼント

イベント当日会場に来場いただいた方全員に、VMware ロゴ入り今治タオルをプレゼントします。

※写真はイメージです。

アンケートご回答者から抽選で100名様に
焼き菓子詰め合わせセットをプレゼント

DEI(ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン)推進活動の一環としてヴイエムウェアがサポートしている「sweet heart project」から「福祉のお菓子」詰め合わせセットを抽選で100名様にプレゼントします。

※写真はイメージです。

セキュリティをより簡単に、より迅速に、よりスマートに

境界防御モデルが崩壊し、ゼロトラストに基づく具体的なセキュリティ対策を模索する企業や組織が増えています。 一方でゼロトラスト実現のために複数のソリューションを後付け的に導入することでサイロが生まれ、新たなリスクも生まれています。 本イベントでは、IT インフラを広範にカバーする VMware がゼロトラストセキュリティの実現方法を戦略と交えてご紹介します。
  • ビルトインされた分散セキュリティサービスの提供
  • セキュリティポイントの連携
  • 状況に対応可能な
    インテリジェンスの提供

お客様導入事例

株式会社東芝

小島 健司 氏

株式会社東芝
サイバーセキュリティ技術センター
セキュリティ運用推進部
部長

東急建設株式会社

藤井 隆行 氏

東急建設株式会社
経営戦略本部
コーポレートデジタル推進部
インフラ・セキュリティグループ

タイムテーブル

10:00 - 11:00
基調講演

VMware のセキュリティ戦略とゼロトラストの本質
生みの親が語るゼロトラストセキュリティ

「ゼロトラスト」のコンセプト発案者である John kindervag をスペシャルゲストとしてお招きし、VMware のセキュリティ戦略とゼロトラストの本質をご紹介します。
テレワークの推進が進むと共に、アプリケーションがマルチクラウドに分散しつつある中、企業や組織を狙った高度な攻撃が増加し、ゼロトラスト セキュリティの検討は多くの組織で急務となっています。
本セッションでは VMware の調査結果による日本企業が直面するセキュリティ課題とゼロトラストの本質、そして VMware でしか実現できないゼロトラスト セキュリティへのアプローチをご紹介します。
  • 小林 泰子
    ヴイエムウェア株式会社
    ネットワーク&セキュリティ事業部
    事業部長
  • Kal De
    VMware, Inc
    セキュリティ事業部
    General Manager
  • John Kindervag 氏
    ON2IT
    ゼロトラストのコンセプト発案者
  • 橋本 賢一郎
    ヴイエムウェア株式会社
    セキュリティエバンジェリスト
11:20 - 12:00

ネットワークセキュリティをより強化する VMware NSX-T Advanced Threat Prevention

VMware の IT チームによるゼロトラストの実践

VMware で実現するゼロトラストセキュリティとは

12:15 - 12:55

Log4j 問題で見えてきた、マルチクラウド時代に必要な Web セキュリティ対策

ぶっちゃけ Cloud Web Security は既存 Proxy を置き換えられるのか?

改めて見直す!EDR が果たすべき役割と求められる機能

13:10 - 13:50

コンテナセキュリティになぜゼロトラストを適用すべきなのか

SASE で実現するゼロトラストでセキュアな次世代テレワーク環境

転ばぬ先のゼロトラスト。新しい働き方への対応、ランサムウェアの備えにも。

14:05 - 14:45

クラウドを活用してランサムウエア被害から迅速に復旧する方法

最近のサイバー攻撃動向とセキュリティ監視の重要性

利便性とセキュリティの両立したテレワーク環境を実現

15:00 - 15:40

NEC×VMware で実現するセキュアなハイブリッドクラウド(仮)

EDR と NDR のエキスパートが徹底討論!

【お客様導入事例】 サイバーレジリエンス向上のためのエンドポイント強化

15:55 - 16:35

規模は関係ない!ランサムウェアに備えた vSphere のセキュリティ対策とは?

【スーパーセッション】 VMware の次なるセキュリティ戦略

【お客様導入事例】 東急建設のセキュリティの取り組み 〜Workspace ONE/Carbon Black〜

16:55 - 17:35
パネルディスカッション

ゼロトラスト実現に必要なこと

近年の劇的なビジネス環境変化やサイバー攻撃の被害の深刻化に伴い、「ゼロトラストセキュリティ」が注目されています。
ゼロトラストセキュリティは従来の境界線型防御とは異なり、「盲目的に信頼せず、すべて常に検証する(Never Trust, Always Verify)」というコンセプトのもと、すべてのトランザクションを検証するというアプローチです。
2010 年ごろから提唱されてきた概念だが、これまでは実装が難しく、本格的にゼロトラストセキュリティの有効性が理解されるようになってきたのはここ 1、2 年のことである。
本セッションでは「ゼロトラスト実現に必要なこと」をテーマに、情報通信研究機構の井上 大介氏、東芝 の天野 隆氏、アクセンチュアの藤井 大翼 氏をお招きし、VMware の奥野木 敦/大平 伸一と共にゼロトラストセキュリティの勘所について議論します。
  • [パネリスト]

    井上 大介 氏
    国立研究開発法人
    情報通信研究機構
    サイバーセキュリティ研究所
    サイバーセキュリティネクサス
    ネクサス長
  • [パネリスト]

    天野 隆 氏
    株式会社東芝
    サイバーセキュリティセンター長
  • [パネリスト]

    藤井 大翼 氏
    アクセンチュア株式会社
    テクノロジー コンサルティング本部
    セキュリティ日本統括
    マネジング・ディレクター
  • [パネリスト]

    奥野木 敦
    ヴイエムウェア株式会社
    セキュリティ事業部
    SE ディレクター
  • [パネリスト]

    大平 伸一
    ヴイエムウェア株式会社
    ネットワーク&セキュリティ技術本部
    本部長
  • [モデレーター]

    井部 俊生
    ヴイエムウェア株式会社
    首席セキュリティビジネスアーキテクト
すでに EVOLVE ONLINE に登録済みの方は、マイページからお申し込みください。

開催概要

日程 2022年5月31日(火) 10:00 - 17:35
会場 赤坂インターシティコンファレンス / オンライン同時開催

※イベント会場でのご参加は人数制限を設ける可能性があります。あらかじめご了承ください。

主催 ヴイエムウェア株式会社
参加費 無料(事前登録制)
対象 企業の経営層、IT企画・開発・構築・運用部門、リスク管理部門、SIer
すでに EVOLVE ONLINE に登録済みの方は、マイページからお申し込みください。

スポンサー

  • SB C&S株式会社
  • ダイワボウ情報システム株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 株式会社ネットワールド
  • ユニアデックス株式会社
  • 株式会社ラック

特別協力

  • アクセンチュア株式会社
  • ON2IT
  • NICT-情報通信研究機構
TOP