展示

展示情報

VMware Cloud on AWS を活用して、重要なシステムをAWSクラウドに移行する時に考えるべきこと

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

VMware Cloud on AWS は、オンプレミスでVMware vSphere上で稼働しているSAP, Oracleなどを含む「重要なアプリケーション」を変更なく移動できることで、企業の重要なシステムを変更なく移行することが可能なります。また、それに加えてロードバランサ―・ストレージ・バックアップなどvSphere上で稼働していないシステムは、AWSが持つサービスと組み合わせることで今まで以上に拡張性のあるシステムの構築を実現します。本セッションでは、お客様の目的に沿った移行時に検討すべき「移行へのステップ」、「最適なAWSサービスの選択」「構成パターン」について紹介します。

クラウド活用を成功に導く VMware Cloud on AWS PoC サービス

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

VMware vSphere 基盤をAWS上へ拡張するクラウド基盤 VMware Cloud on AWS。実績と経験をふまえてリリースしたCTC PoCサービスの他、構成の柔軟性が高いオリジナルHCI「vCuve」、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure等、最新のVMwareテクノロジーとCTCの技術力をふまえた先進の取組みをわかりやすくご案内します。

大規模環境は必要ない! スモールスタートから始められるSDDC

SB C&S株式会社

SDDCのビジョンを聞くと、大規模なITインフラでしか実現できないと思う方も多いのでしょうか? しかしSDDCは、IT人材がいない、足りない、手いっぱいの課題を抱える、多くの企業に必要な環境となります。 SB C&Sのブースでは、2node vSANやより身近なNSX活用法など、スモールスタートで始められるSDDCの導入方法をご紹介いたします。

マルチクラウド化に向けた準備を始めましょう!

兼松エレクトロニクス株式会社

オンプレミス環境を含め、複数のクラウドサービスを使い分ける「マルチクラウド」が現実味を帯びてきており、データの重要度によって置き場所を変えたり、ディザスタリカバリーでのリスク分散するなど、マルチクラウドのニーズは様々です。KELブースではハイブリッドクラウドも含め弊社の取り組みについてご紹介します。

仮想化しないクラウド 『KCPS ベアメタルサーバー』

KDDI株式会社

お客さま専用の物理サーバーをオンデマンドで利用できる「KCPS ベアメタルサーバー」をご紹介。
共有型サービスのように他の利用者の環境によりパフォーマンスが劣化する可能性が少なく、ハイパーバイザーやOSに制限がなくオンプレミスのように自由に設計可能、またクラウドのように素早く利用したり拡張することができる、まさにオンプレミスとクラウドのいいとこどりのサービスです。
なお、SDSの代表的なソフトウェアである「VMware vSAN」を従量課金で利用可能!スモールスタートやトライアル利用にも最適です。

貴社ITインフラの最適解が見つかる!
業務・基幹システムにオススメしたいクラウド化とは。

GMOクラウド株式会社

貴社の運用状況やコンプライアンス、込み入った要件でも柔軟に対応。VMware vSphere基盤の定額クラウドサーバー「GMOクラウドprivate」をご紹介します。
なかなか踏み出せないオンプレミス環境からのクラウド移行も、オンプレミスを維持しながらのクラウド連携、1Uから利用可能なハウジング連携を取り入れたハイブリッド構成など、キャリアフリー&ベンダーフリーならではの最適解があります。低コスト&スモールスタート、料金定額制のクラウドサーバーだから初めてのクラウド移行も安心。20年以上にわたり、国内11万件を超えるお客さまのITインフラを支えてきたサーバーのエキスパートがとことん付き添いサポートいたします。
GMOクラウドブースにて、ご相談から承れます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

<6月開催セミナー受付中>
VMware共催セミナー 『「クラウド移行の最適解」探し方セミナー(仮)』をGMOクラウドブースにて受付いたします。

NSX-T/-Vに高度な多層防御セキュリティ「CloudGuard for NSX」

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

マルチクラウド化やモビリティが進むにつれて、プライベートクラウドおよび仮想デスクトップ環境で扱う情報は、より重要度の高いデータを集約する傾向にあります。同時にネットワークトラフィックは変動し、これまでのゲートウェイセキュリティのサイジングとは異なる柔軟性が求められます。
プライベートクラウドを構成するSDDCには、エージェントレス・セキュリティによるアンチウイルスやURLフィルタリングはもちろん、IPS(侵入防御)やゼロデイ脅威対策(サンドボックス)、DLP(データ漏洩保護)などの高度な脅威対策技術が欠かせません。
VMware NSXと連携して、自動的でスケーラブルな高度なセキュリティ対策、「CloudGuard for NSX」をご紹介します。

ワンストップで簡単導入出来るHCIアプライアンス"VxRail"ご紹介

Dell EMC

最新のVxRail 4.7(バージョン4.7)では、VMwareの運用管理ソフトであるvCenterを介してVxRailを管理できるようになり、vMotionによって仮想サーバーがノード間を移動した際に、ネットワークスイッチのQoS設定が自動化できます。スケーラブルなシステム拡張を自動化できる世界No.1 HCIベンダー(*)のDell EMCのHCIアプライアンス"VxRail"をご紹介いたします。

(*)Source: IDC Worldwide Quarterly Converged Systems Tracker 2018Q4「2018年世界出荷金額」

オンプレ×クラウド環境だって辛くない!効率的な運用教えます!

トレンドマイクロ株式会社

オンプレミスとクラウド環境のセキュリティ、一括管理できずに苦労していませんか?
オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドなど、複数の環境を跨いでシステムを構築・運用するのが今や当たり前の時代になりました。
環境が異なってもセキュリティの一括管理は可能です!トレンドマイクロブースでは「Deep Security」を使って、ハイブリットクラウド環境を「効率的に」運用する方法をご紹介します!
ブースでは抽選会も実施中!是非お越しください!!

国内唯一!NECがつなぐオンプレとクラウドのまるごと Solution!!

日本電気株式会社

オンプレとクラウドを正しく使い分けできていますか?
クラウド化の検討ポイントは、①何をクラウド化して何をオンプレに残すのか ②どこへ移行するのか ③オンプレとクラウドをどう管理するのか等です。
NECはオンプレのHCIから、VMware Cloud Verified認定済みVMware製品スタック基盤、VMware Cloud on AWSのサポートまで全方位に対応可能な国内唯一のベンダです。幅広いラインナップを適材適所に組み合わせて、お客様にピッタリなご提案が可能です。
NECブースにて唯一無二のハイブリッドクラウド・ソリューションをご紹介します。

※ VMware Cloud on AWSのManaged Service Providerであり、VMware Cloud Verified認定済みのクラウドサービスやFull VMware スタックのオンプレプライベートクラウドをご提供可能なOEMベンダーという点で国内唯一。

実績を重ねて、進化を続ける VMware on IBM Cloud

日本アイ・ビー・エム株式会社

オンプレミスやプライベート・クラウドを運用されているお客様にとって、将来のクラウド・ネイティブの世界を見据えながら、既存システムの「クラウド化」を選択することは非常に重要です。世界中で1,700社以上の採用実績を重ねる「VMware on IBM Cloud」なら、IBM Cloud 東京リージョンの活用で「超高可用性」の実現、小規模な構成のスモールスタート、マネージドサービス一択ではなくお客様による管理コントロールなどの選択肢を提供します。企業のハイブリッド、マルチクラウド戦略を実現する IBM Cloud の最新情報をご覧ください。

オンプレミス版 VMware Cloud Foundation の実機展示と実演デモ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

オンプレミスインフラとパブリッククラウド。ハードウェアもソフトウェアも全く異なるこの2つを共通化するプラットフォームが 「VMware Cloud Foundation(VCF)」 です。オンプレミス側で配備する 『VMware Cloud Foundation - Integrated System』 の日本対応製品であるコンポーザブル・インフラ「HPE Synergy」の実機展示と実際のデモンストレーションを実演しております。ぜひ HPE ブースへお越しください!!

スッキリさせます!クラウドソリューションのあれこれ!

株式会社ネットワールド

VMware Cloud on AWS、Horizon Cloud on Microsoft Azure、VMware on IBM Cloud今後のHybrid Cloudを進めていくにあたり、Networldが様々な疑問をお答えします! 技術のNetworldだからできるクラウド利用を見据えたHybrid Cloud活用術をお伝えさせて頂きます。
また、どこよりも早く今後マルチクラウド環境には必須となるであろうクラウド運用プラットフォームCloudHealthの最新情報もお届けします!

HCI環境って複雑?でも日立なら大丈夫!JP1で一目瞭然!

株式会社日立製作所

IT投資を最適化するためのHCIなのに、ITシステム全体の把握に時間を取られていませんか。
「日立HCIソリューション for VMware vSAN」なら、バンドルしたJP1を使って、複雑になったITシステムの稼働情報を一望できます。
本ブースでは、一例として、スローダウンした業務システムにおいて、関連するリソースをリストアップ、問題箇所の分析から、原因の特定、対処にいたるまでなどを、デモンストレーションを交えてご紹介します。

VMware Cloud on AWS を最大限に活用する具体策を紹介

富士ソフト株式会社

ハイブリッドクラウド実現の現実解として注目される VMware Cloud on AWS。興味はありながら未だ導入検討まで進まない企業はどの様な懸念を持っているのでしょうか?ユーザーに最も近いSIerだからこそ語れる、IT改革に苦慮する企業の生の声(移行したいけどアプリの棚卸が…、システムの置き場がわからず管理が大変…etc.)と、VMware Cloud on AWS 活用による具体的な解決策をご紹介します。

「かんたん」導入・運用を実現する富士通のHCI

富士通株式会社

ICT活用領域の拡大とともに、インフラの環境や運用の複雑化が課題となっています。 仮想化インフラにおける運用の省力化・簡素化とともに、これまでの仮想化運用の継続性を追求した富士通のHCI製品「PRIMEFLEX for VMware vSAN」を紹介します。

VMware vSphereと共に進化する仮想環境対応シャットダウン

UPSソリューションズ株式会社

各社製UPSとUPSS-SDBの連携により、ESXi6.7の対応は勿論、VMware vSANやVMware Horizon 7にも対応しております。
更に、VxRail等のハイパーコンバージドインフラストラクチャにも対応。
日々進化を続けるVMware vSphereへのシーケンシャルシャットダウン・自動起動システムを備えた最適なUPSソリューションをご提案・ご提供致します!

VMware ハンズオンラボ
Japan チャンピオンシップ @EVOLVE

この度、 VMware ハンズオンラボ Japan チャンピオンシップ @EVOLVEを開催することとなりました。
Evolve 会場展示エリアの一画にハンズオンラボの対戦テーブルが用意され、VMware の製品知識・スキルに自信がある有志達がチーム戦で参戦します。
各チーム 2~3名 で結成され、vSphere、vSAN、NSXなどのカテゴリーでハンズオンラボのチャレンジラボに取り組み、いちはやく正解に辿り着いたチームが勝利します。

シンガポール チャンピオンシップの様子

対戦スケジュール

予選ラウンド
  • 11:45-12:00
  • 12:40-12:55
ファイナルラウンド
  • 15:40-16:00

ハンズオンラボ チャンピオンシップへの挑戦者たち