CD173

11月11日(月) 17:45~18:05

マルチクラウド時代のデータ基盤について考えよう

  • インテル株式会社
    インダストリー事業本部 技術統括部
    シニア・データセンター・アーキテクト
    理学博士
    郡司 茂樹
コンテナはマルチクラウドの中心技術と呼んでも過言ではありません。コンテナは通常、ステートレスなアプリケーションの実行環境として利用されます。 ステートフルなアプリケーション、特にデータベースやビッグデータ基盤を Kubernetes クラスターの中に構築するという選択肢もなくはありませんが、そこに潜むリスクを回避するには、まだまだ高度な運用が求められます。本講演では、デジタルトランスフォーメーションを前進させるために必要な、本当に使いやすいデータ基盤とはどのようなものか、紹介していきます。
TOP